クッキングココナッツオイル

日常の食生活バランスを考えると、良い油脂が無くては、健康にはなれない! では、良くない油脂とは?


・過酸化脂質

酸化された脂質の総称で、体にとって有毒となる物質と言われている。(ヒドロキシノネナール)

・トランス脂肪酸

トランス脂肪酸は、水素添加した植物油を扱う過程で人工的に生成される副産物です。健康への危惧が報告されています。 米食品医薬品局(FDA)は、食用油などに含まれ、肥満や心臓病との関連が指摘されるトランス脂肪酸を、2018年6月までに食品添加物から全廃。諸外国では、表示義務や使用制限が広がっている


【 ココナッオイルの特徴 】

①50%以上が中鎖脂肪酸で、吸収4倍、代謝10倍。
②肥満の原因となる中性脂肪として蓄積されにくく、血糖値に影響しにくい。
③美容と健康に役立つ数多くのメリットが報告されている!



【 ココナッオイルの魅力 】

スーパーフードの火付け役として知られる「ココナッツオイル」。
その人気は、衰えるどころか、欠かすことのできないスタンダードな健康オイルへと変貌しつつあり、「ココナッツオイル」が、健康志向の老若男女に愛される他のオイルとの決定的な違いが、明らかになってきました。
「ココナッツオイル」の魅力は、脂肪酸の分子構造の違いとも言われています。
ココヤシの成熟した種子の内側の胚乳からとれる「ココナッツオイル」は、油脂の分類上、酸化しにくい飽和脂肪酸としての特徴と、速やかに分解されて素早く吸収される中鎖脂肪酸としての特徴が注目されており、動物性の強さと植物性の優しさを兼ね備えたミラクルオイルと言えるのです。
その他にも、トランス脂肪酸やコレステロールを含まず、ラウリン酸に富み、様々なお料理やお飲み物とも相性抜群で、美容と健康をキーワードに「ココナッツオイル」の働きは、安全で良質なヘルシーフードとして、益々期待されています。
温度が低下すると白濁し、固形化するのも「ココナッツオイル」の特徴のひとつで、使い方も、とっても簡単・便利です!
普段使用している植物性の油やバター、マーガリンなどを「ココナッツオイル」に変えるだけ。
貴方もヘルシーココナッツオイル生活を始めてみませんか?

なぜ今ココナッツオイルが注目されるのか

これが注目される理由

これが注目される理由



資料請求



ココナッツオイルってどこがすごいの?

ココナッツオイルってどこがすごいの?



資料請求



クッキングココナッツオイルで健康革命

ココナッツオイルのケトン体

植物油脂はトランス脂肪酸がたっぷり



資料請求



砂糖も塩も中毒要素が強い

すばやくエネルギーになるオイル

酸化安定性の高いココナッツオイル

資料請求